上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
POwall0603_1
ここ数週間で島内では室内ウォールの話題が広がっていますが
島のクライミングには素晴らしい外の岩がある!
どうですか!!!圧巻でしょ~

この写真は国際山岳ガイド、篠原達郎さんのツアーでいらした皆さん。
※篠原さんは2度目のご来島となります。
POwall0603
このルートを登り終えて、参加者の皆さんが登るのを見つめながら
「良いルートですねぇ~これだけでも三宅島に来た甲斐がある」
と、おっしゃっていました。
お客さんの動画はこちら↓

明日は奥の黒潮ウォールにチャレンジだそうです♪

スポンサーサイト
■日本登攀クラブ 山行報告
山野井さんはじめ、宇都宮さん、石間さん、クラブの皆さんの情報がアップされています。
*2010年5月28~31日4日間 http://nittou.exblog.jp/13865496
*2010年11月6日 http://nittou.exblog.jp/14928895
*2010年11月26日 http://nittou.exblog.jp/15048407

■かもよこ山日和
昨年の9月に来島頂いた、カモシカスポーツ佐藤さんグループ
島のクライミングを楽しんで行かれた様子がアップされています。
http://kamoyoko.jugem.jp/?eid=495
連休で三宅島にいらしてたクライマーの方のブログ記事です。

サミットガイドオフィス 三宅島と城ヶ崎

1月~2月は天候が荒れることが多く、PO壁は島の西側にあるため
その影響を受けやすい位置にあります。
その場合、島の反対側の釜の尻ボルダーは比較的静かです。

三宅島フリークライミングクラブ 沖山
<<PO壁ボルダー>>
全景

近景
11月20~23日で三宅島へ行ってきました。暑くもなく寒くもなく快適な気候でした。
雨がちの天気でしたが、PO壁は濡れにくく乾きが早かったです。風向きの関係かも知れません。

PO壁の右側に簡単なボルダーを2本設定させて頂きました。
「アオリイカ」は「霧の中10a」の右隣にあります。
「アオリイカ」は裏からクライムダウン、「カメの手」は裏から歩いて降りられます。


<<残置ビナ>>
ビナ
「見返り御蔵」の残置ビナを交換しました。
このルートが開拓された4月に残置されたと仮定すると、7か月でここまで腐食したということになります。
残置を利用される場合は、良く確認をされた方がいいと思います。

石間真理。
梅雨の最中、ルート開拓へ行ってきました。

出発は、東京湾の夜景を見ながら。
東京湾夜景
ビール片手に夜景を見ていると、なんだか“クライミングへ行く”という気がしません。

今回は梅雨の晴れ間を狙って行きました。
まだまだ新しいエリアなので、いつがクライミングに適した時期なのかが、はっきりわかりません。
だめもとで梅雨の時期に行ってみましたが、結果は
・クラックはやはり染み出しで濡れていて厳しい。
・フェースは雨の後でも乾きが早く、登れる(が、暑い)。
ということがわかりました。

梅雨後の真夏(7,8月)はどうなのでしょう?
島の人は、意外と涼しいと言ってます。日中を避ければ朝、夕は快適に登れるかもしれません。


新ルート情報

≪三宅マントル 11b/c≫ 磯川 暁
場所:PO壁右

三宅マントル
“オスプレー”と“スダジイ探し”の間のフェースにボルトを1本足してルートとさせていただきました。
スダジイ探し初登の榎戸氏に了解は得られていませんが、この壁にこういったリンクものもありかな?
と思い作りました。 フェイス部分は、雨後の乾きが早いです。

 ルートはスダジイ探しからスタートします。慎重にカムを決めて、フェースをトラバースしボルトにクリップ。
ボルト沿いを直登し、マントルを返した後、オスプレーを登って終了です。
 暑い時にはマントルがとても悪く感じられるでしょう。

≪赤場暁(あかばきょう)11c≫ 磯川 暁
場所:PO壁真ん中、見返り御蔵の左のコーナー

赤場暁11c ①


ルート図

目立つコーナーを登っていきます。
フェースのホールドが沢山ありますが、1,2箇所でしっかりとした
ジャミングスキルが要求されます(たぶん。) 
RPしたときは濡れていたのでとても難しく感じましたが
乾いて快適に登れればこれくらいかな?と思いグレーディングしました。
再登した方はご意見ください。
しっかりとしたテラスに立って終了できます。★★★ルート!

ルート名の≪赤場暁(あかばきょう)≫は三宅に実際にある地名です。
こんなところ↓
赤場暁

2,30分のトレッキングで往復できるのでぜひ訪れてみてください。
真っ赤な崖、ごつごつした溶岩跡が圧巻です。
ルート後半が赤い岩になっていたので、この名前にしました。


今回はずっと波が荒く
PO壁真ん中より左はまともに登れる状況ではありませんでした。

荒い波

波が打ち寄せる合間にダッシュして黒潮ウォールへ。
黒潮プロジェクト
平野君が再難ラインに手を付けました。13はあるだろうとのことです!



ISOKAWA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。