上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.05.06 新ルート情報
5/1-5 に榎戸と小島で新規ルートを 7本開拓しました。

■ PO壁中
snapper

① スナッパー(5.11c)
② バードアイランド(5.11a[榎戸])
ガバを使ってのハング越えが豪快で楽しい。そこまでのクラックもバランシー。


■ PO壁左
PO_Left

① イタチ返し(5.11a)
② アカコッコ(5.10a)
③ 築穴パン(5.9)

④ まずはここから (5.8[榎戸])
築穴パンの左のライン。出だしはハンドで、上がるに従って広がっていき、最後はワイド。フェイスもふんだんに使えるので見た目ほどは難しくない。


PO_Most_Left

① ギザギザ新五郎 (5.8[榎戸])
リアル大奥の右のライン。出だしのハングを越えてからは、ハンドサイズのクラックが続くライン。クラックの淵が鋭いので御注意あれ。

② リアル大奥(5.9)
③ 稲次郎の自由(5.10d)

④ 蜘蛛の糸(5.11a[榎戸])
下から上まで、指が入るか入らないかの細い綺麗なクラックが続くライン。最初にこの岩場に来た時から登りたかったので、登れたのは非常に嬉しい。最後の最後まで気を抜けない。


■ 黒潮ウォール
Kuroshio_Dome

× 崩壊寸前(5.10a[榎戸])
隣の雄山一にトップロープを張るために登ったライン。ボロボロなので登らない方がいい。

① 雄山一(5.11c[榎戸])
ドーム脇の細いクラックを繋いだライン。ボルダームーブが点在していて楽しい。

② 見かけ倒し(5.10c[榎戸])
被ったドームのハング帯を越えていくライン。スタンスが豊富なので見た目よりは登りやすい。最下部のクラックから繋ぎたかったが濡れていたので途中から。

③ 釣り糸(5.10b[榎戸])
ドーム端に走るきれいなフィンガークラック。ジャムとレイバックの切り返しが鍵。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。